不登校が始まったころから

この記事は 約3 分で読めます。

UPDATE 2020-06-03

現在単位制高校2年生。
小学4年生から、中学3年間も含め6年間ほぼ不登校でした。
6月3日現在、今日も行きは車で送っていきましたが、
3時間授業を受けて、帰りはバスに乗って帰宅予定です。

今でも月に1度病院と、心理の先生と面談。
これは、大人になってからも続く根気のいる作業かなと思います。

はっきりとした診断はしてもらっておりません、
先生が急ぐことは無い、診断名はいつでもつけられるのでと言ってもらっています。

AQテストの結果を見ても、得意不得意がはっきりしていて
まあ、自閉症スペクトラムですね! とも。

出展:自閉症スペクトラム障害(Wikipedia)

まぁ、生きづらいかなとも思います
子どもは容赦ないですから、不得意な事はからかわれますし
だんだん学校に行きたくなくなったのかなぁ
と想像しています。

子どもが不登校になったり、不安定になったりすると
経験からですが、親も一緒に不安定になります。

そのころ、ワラをもすがる気持ちで色々な方のブログなどを読ませていただきました!
そして、勇気や力を貰い、子供にもその勇気や力を与えられたような気がしています。
なので、私も少しでも皆さんの参考になればとブログをはじめました。

参考というよりも、不安を少しでも解消できればいいなと思います。

以下、ブログ開設時よりのメッセージ

うちの長男は小学4年生の夏、突然「学校に行きたくない」と!
それから、完全に口も利かない時期もあったりして。。。
現在、元気だけは取り戻しているので私たち両親も安心はしています。

現在中学3年生で、特別支援学校の病弱部門にお世話になっています。
それまでは、少年支援室(適応指導教室)にも2か所お世話になりました。

そこで、出会った先生に「ゆっくり育っているだけだから」と言われ
とても救われたのを今でも覚えています。

そして、「特別支援学校」と言う学校を選択する方法もあるよと教えて頂き、
初めて「特別支援学校」の事も知りました。

不登校になって4年たち色々ありましたが、現在元気になって、新学期から毎日学校に通っています。
その体験を同じような悩みを持つ皆さんと共有できたらと思い、ブログを書く事にしました。

こちらから読んでいただくと、小学4年生のいけなくなった頃の状況から書いています。

1 ある日突然、学校に行きたくないと泣き出した!
4年生の1学期、もうすぐ夏休みの前 7月8日

2 初めて事の重大さに気が付きました!
4年生の夏休み 8月26日 家族旅行

3 「頑張って行きなさい!!」と怒っていた。。。
4年生の2学期が始まりました。 9月2日 始業式

4 教室にまったく行けなくなる。
4年生の2学期 10月21日 この日以降、学校に行かなくなる。

5 初めての心療内科。
4年生の2学期 11月22日 初めての心療内科

6 この頃から笑わなくなった!。
4年生の2学期 12月 この頃から笑わなくなった!

7 1日に5分でも外に行こう!
4年生の3学期 2月終わり頃 1日に1度外出!

8 適応指導教室に行く。
5年生の1学期 6月 少年支援室(適応指導教室)に行きはじめる。

9 ingressを始める。
5年生の夏休み 外出必須のスマホゲームを始める。

10 少年支援室(適応指導教室)に行かなくなる
5年生の2学期 9月中頃 繰り返し注意される