9 ingress(外出必須のスマホゲーム)を始める。

この記事は 約3 分で読めます。

ing1

5年生の夏休み「ingress」というゲームを始めて、自分から外出するようになる!

私が深夜ラジオで、「ingress」というゲームが
沢山歩けると聞いたので、
自分のために「ingress」をインストール
※のちに「ポケモンGO」の元になるゲーム

それを、haruharuに見せた所、
興味を示してやりたいという事になりました。

まだ、その頃、スマホを持たせていなかったので、
お母さんのスマホにインストールして、
外出するときはそれを借りて出かけました。

何事にも熱中するので、
この「ingress」も例外ではありませんでした。

午前、午後と1日2回、
町のほうまで車で出かけて行き、

とにかく歩きます。

※このゲームは歩かないと捗らないので。。。

1日、10キロ~15キロくらい毎日歩きました。

今まで、1日一回、夜のお散歩しか出ていなかったのに、
時間さあえあれば出かけて行きました!

最初は平日昼間の他の子どもが学校に行っている時間帯は、
本人も私も外出を遠慮していましたが。

本人がやりたいことをやらせてあげようと、
それが何時でも付き合うことにしました。
※私が仕事の時はお母さんが、2人で交代で付き合いました。

後で考えるとこれが、
ずいぶん回復に役立ったような気がします!

体の健康を取り戻せたのが1つ、

もう一つ、このゲームで
大人の人との交流が出来る
ことが分かりました。

ゲーム内にチャットのような機能があって、
いいプレイをすると
声をかけてもらったりするので、

「ありがとうございます(^^)/」

みたいな文章を返したりします。

それから、
ゲームをしている仲間と街中で会ったりした時も、
ゲームのことなど熱く語ったりしていました。

私たちも、
「大人とだったら話ができるんだ」
という事も知りました。

どうも、
子どもとのやり取りだけが苦手なようだという事も、
この時知りました。

何にしろ、これを契機に「不健康な不登校児」から
「健康な不登校児」にバージョンアップです!!

次の投稿 10 少年支援室(適応指導教室)に行かなくなる