10 少年支援室(適応指導教室)に行かなくなる

この記事は 約2 分で読めます。

9

5年生の2学期9月、少年支援室(適応指導教室)で注意をされる

少し健康になり、少年支援室(適応指導教室)にも
元気に自転車で通うようになっていました。

ある日、私が迎えに行くと支援室の先生に
「ちょっといいですか?」と呼び止められ

先生

「授業中に何度も同じことで注意しています。」

「何についてでしょうか?」

先生

「授業中に隣の子に話しかけます。何度注意しても、またやってしまいます。

本人は、その都度、あー、また注意された、気を付けようという感じなのですが。また繰り返します。」

「分かりました、私から話してみましょう!」

「授業中、先生に注意された?」

haruharu

「うん・・・」

「他の子たちは一生懸命勉強しているから、静かにしてくれる?
そうじゃないと、これなくなるよ!」

haruharu

「わかった・・・」

これで、この日は終わったのですが
次の日から、行けなくなりました。。。。。
朝、ベッドから出てきません。。

せっかくできた居場所だったのですが
迷惑がかかるようじゃ、
無理だったかもしれない。。。

後からわかることですが。

本人は気を付けようという気があっても
すぐ、飛んで行ってるようです。

※この辺りは、特徴的な症状の一つのようです。

ここの少年支援室(適応指導教室)は勉強を追いついて
学校に戻る、受験をする事に主眼を置いているようで
行けない子の居場所を提供するという趣旨ではないようでした。

ここからまた、私たちの情報収集が始まりました!