中学に行くのか?行かないのか?

この記事は 約2 分で読めます。

kyoushitu1-1-600x237
今日は6年生の3学期が始まって2日目。

中学に行くのか行かないのか?
行くとしたら、中学校の少人数クラスに行くのか?
支援学校に行くのか?話し合いをしました。

話し合いをした結果、3年間家にいる選択は無い様で、どこかへ行きたいと!

私もこの時期はチャンスだと思っていますので、少しプッシュしてみました!

で、朝7時半に起き。食事して少しだらだらと普通に過ごしていましたが
そろそろ行く時間になってくると、頭を抱えて動かなくなってきました。。。

いつも、出発前5分くらいが一番苦しいみたいですが
行ってしまえばどうってことはないので、少し背中を押してみました。


「この時間がいつも憂鬱なんやろ?」

haruharu
「んん~※言葉にならないような返事」


「行ってしまえばどうってことないんやろ?」

haruharu
「たぶん。。」


「行ってみてダメだったら、すぐ帰っておいで!」

haruharu
「んん~」

こんな会話をして、おもむろにジャンパーを着て荷物をもって重たい足取りで出ていきました。

本当に行ってしまえば大丈夫なようで、学校の少人数のクラス(特別支援学級)に3時間目まで居ました。
1時間目は「漢字ドリル」、これは担任の先生とあらかじめ電話で話していたようで、苦手なドリルなのですが1時間。それからは、図書室に行って、本を一冊借りてきて、読んできたと。本は読み終わらないと嫌なので、読み終わったら3時間目が終わっていたようで3時間目終了と同時に帰ってきました。

普通に「ただいま」と、元気に帰ってきました!

学校に行くことで自信を持って欲しいのです。行っても行かなくても良いとは思うのですが、行くことで、小さな自信を重ねて欲しいのです。