高校はいろいろな選択肢の中から選びました。

この記事は 約2 分で読めます。

中学を卒業前に、高校について話をじっくりとしました。

まず、選択肢をいくつか並べてみました。

  1. 全日制の高校へ行く。(勉強は出来ていたので、進学校へ)
  2. 単位制の高校へ行く。(勉強のレベルは低いが、自分で時間割を設定できる)
  3. 通信制の高校へ行く。(年に数日スクーリングへ行く、それ以外はネットで)
  4. 高校へは行かない。(やりたい事が出来たり、大学へ行きたくなったら予備校か通信制に行く)

「どこに決めても尊重はする」

というスタンスで話し合いをしました。

そして補足情報を、私から伝えながら。

全日制の高校(単位制も含む)は、今しか行くことは通常無い!
30才になって、通常の高校は今より行くのが大変だろう。

なので、全日制にチャレンジしてみるのはどうだ

と私。

行ってみて難しければ、やめて通信制にするのもいいんじゃないか?

それを踏まえて、

高校に行かないという選択肢もありだぞ!

と。

とこれだけ出して、結論は本人に任せました。

haruharuは、自分で「行けない。」と思ったら、
私が何と言おうと

「学校は行かない!」

と言えるので、私の誘導ではないです。
あくまで補足情報です。

そして出た答えが、

「単位制の高校に行ってみる」

でした。

そして今、1日の欠席もなく
通っています。

これからも、じっと見守っていくのが私の役目だと今は思っています(^^♪