塾に通ったのが、とても良かった!

この記事は 約2 分で読めます。

中学2年の時から、週2回塾に通っていました。

小学4年生から不登校になり、それから全く教科書も開かなくなりましたので
小学4年生で、学力は止まった状態でした。

それでは、本人が復活したいときの障害になるのではと思い
英語と数学だけは、塾ででも勉強出来たらなぁと
個別の塾(小学校の所からやり直してもらうので個別出ないと無理だと判断)に週2時間通うようにしました

このページ参照してください。

すると、塾は休まずに行きます。
それどころか、数学楽しいなぁなどと言うようになってきました。

そこで「勉強がだめなのではなく学校がだめなのだと」
改めて認識しました。

受験前の塾の2泊3日の強化合宿にも積極的に参加して
「全体で2番だった!」
「1番になりたかったなぁ」
などと。

そのタイミングでサッカークラブにも参加させていただくようになったので
本人は高校に行って、サッカー部に入りたいな!

このような事も言うようになってきました!!

また長くなってきたので、
また続きは書きます。