不登校のきっかけは担任の先生?

この記事は 約2 分で読めます。

最近色々な話をしてくれるようになりました(^^♪

その中で、

「4年生のころは居場所がなかった」

「いつも一人で居た」

と話してくれます。

4年生の時の担任の先生は、
休み時間は、校庭に出て遊ぶ事を推奨していて
教室で本を読むことをを許可しませんでした。

まあ、元気に外で遊ぶのが好きな子はいいのですが
本を読んだりすることが好きなharuharuは
先生に促されて外に出ていたようです。

「外に行きなさい!」と。

ひとりで本を読んで過ごしたいのに
先生が外で遊べと言うので外に行くが
誰と何をしていいかわからない状態だったようで。。。

ひとりで過ごすことが多くなって
少しづつ孤立していったのかな?

先生は悪くはないし、
良かれと思って言っていたと思うのですが
きっかけはそれかなと(-_-)