ゲームをしている時はよく話をします。

この記事は 約2 分で読めます。

ゲームと不登校

過去にも書いていますが、
基本的には我が家ではゲームの時間を規制していません。

ゲームと不登校

ゲーム依存を疑う時期もありましたが、
ゲームの規制をすると、1日中、本を読んでいます。

それを見て、ゲーム依存ではなく
意識を現実以外の所に持っていきたいのではないかと。

少しずつ外に連れ出すようにしてみたり、
適応指導教室に行ってみたりしていると
ゲームをしたり、本を読んだりと
心配になるような熱中の仕方は無くなりました。

面白いことに気が付いたので、
もし同じような感じの方は試してみてください(^^♪

リビングでゲームをしている時に、
最初はそのゲームの事を聞いたり、話したりしていたのですが

そのうち、ゲーム以外の事も話しかけてみるようにしました!
すると、返事が返ってきます(^◇^)

普段は、最低限の会話しかしませんが
ゲーム中は、何を話しかけても普通に会話が成立します。

何故なのかは現時点では不明ですが、
ゲーム中は色々な会話をして、楽しくしています。

ちなみに、現在は「スプラトゥーン」と言うゲームをしていて
いわゆる「ガチ勢」です。

※決して楽しくゲームしているだけなので会話できるとか
そのレベルではありません。。。

何故、それだけ手を動かしながら話しができるのか??
いまだに不思議でなりません。。

まあ、楽しそうに元気にしているので
それで最低限OKかな?